中国四国医師研修センターは、中国四国地方の民医連研修病院群のセンターです。民医連の病院では、地域に根ざし、そのニーズを満たせるようなミッションに基づき、必要とされる医師養成を行なっています。初期研修では、幅広い疾患や問題に対応できる能力を身につけることができます。専門研修では、総合性を専門とした家庭医・総合診療専門医、総合力を基礎とした専門医の養成をおこなっています。
中国四国医師研修センター│レジサポ,民医連,中国,四国,初期研修,専門医,後期研修,奨学金,医学生,マッチング,たすきがけ,プライマリケア,地域医療
message
image
植木千代

〔研修先〕
岡山協立病院

〔出身大学〕
島根大学・2017年卒

どんな医師になりたいと思い、医師をめざしたのですか?

高校生のとき地元の島根県が医師不足で全国的にも話題になっていました。少しでも役に立てたらと思い医師を目指しました。国境なき医師団の方の本を読んで海外の医療にも少し興味がありました。

 

研修先を選んだ理由を教えてください。

学生の頃に出会った診療所の医師に憧れており家庭医になると決めていました。まだ日本ではマイナーな選択であり、多くの研修病院(特に大病院)では家庭医の夢を持ち続けにくいだろうと感じていました。同じ道を目指す先輩がいて、総合的な勉強ができる、訪問診療ができる、などの点から私には当院が合っていると思い選択しました。最後の決め手は雰囲気でした。

 

 

実際にどんな研修をされていますか(されてきましたか)?

とても良い研修をさせていただきました。臓器別でなく多方面から一人の患者さんを主体的に診ることができ、リハビリや緩和ケア、訪問診療など急性期のみの病院ではできない経験をすることができました。指導医のみならず多職種の方々が熱心に研修医を指導してくださり、少人数で融通も利きやすいので勉強したいことはとことんさせてもらいました。

 

自身の将来のビジョンをどのように描いておられますか?

将来的に診療所の医師になりたいのは変わりませんが、今はもう少しこの病院でしか出来ないことをしっかり学びたいと考えています。目の前の患者さん一人一人にとって良い医者を目指して地道に頑張ろうと思います。「家庭医にとってはどんな人生経験もキャリアになる」という言葉が印象に残っています。この先大変なことや家庭との両立など悩むこともあると思いますが、いろいろな経験を積んで、医師として、人として成長していきたいです。