中国四国医師研修センターは、中国四国地方の民医連研修病院群のセンターです。民医連の病院では、地域に根ざし、そのニーズを満たせるようなミッションに基づき、必要とされる医師養成を行なっています。初期研修では、幅広い疾患や問題に対応できる能力を身につけることができます。専門研修では、総合性を専門とした家庭医・総合診療専門医、総合力を基礎とした専門医の養成をおこなっています。
中国四国医師研修センター│レジサポ,民医連,中国,四国,初期研修,専門医,後期研修,奨学金,医学生,マッチング,たすきがけ,プライマリケア,地域医療
message
image
藤原匠平

〔研修先〕
愛媛生協病院

〔出身大学〕
愛媛大学・2014年卒

どんな医師になりたいと思い、医師をめざしたのですか?

小中学生のころは、優しい先生をみて、将来こんな職業につきたいなと思っていました。だから、最初は学校の先生になりたいと思っていました。その後、高校で進学校に入学し、医学部を意識しはじめました。同じ、「先生」と呼ばれる職業である医師も教師と共通する良さがありそうだと思って、医師になろうと決意しました。

研修先を選んだ理由を教えてください。

一つの臓器に限らず、様々な疾患の窓口として幅広く対応する力を付けたかったことが理由の一つです。もう一つの理由は、患者さんの背景を知りながら、患者さんの人生の物語を感じながら医療に携わりたかったからです。家に帰ってからどんな生活、どんな人間関係があり、医療がどんな効果をもたらすのかという事に興味がありました。

実際にどんな研修をされていますか?

学生時代にインプットしてきた様々な疾患やOSCE等で身に付けた基本的技能を、今度はアウトプットしていく訓練をしています。具体的には、生活の中で現れた症状を傾聴し、患者さんの体内で起こっている病態(特に最悪の病態)を予測し、診察しています。診断がついたら、治療や専門医との連携、三次救急医療機関への搬送を指導医と共に進めます。その他、低侵襲的な検査や基本的手技を自ら行い、日常でよく使う輸液・処方といった基本的治療を行い、リハビリ・社会復帰・介護(主治医意見書)といったQOLに関わる診療計画を提案し、紹介状やカンファレンスでの症例を要約して提示する能力を磨いています。評価形式は、多職種により行われる院内研修管理委員会で行われます。医療の現場で、患者さんの診察場面で適した態度や行動ができているかどうか、スタッフとの情報共有ができているか等のフィードバックを受けています。
臓器別専門医のもとでの研修もあり、様々な刺激を受けています。特に、診断・治療していく上での責任と医師のやりがいを感じています。

自身の将来ビジョンをどのように描いておられますか?

仕事にやりがいを感じながら医師をやるという、原点に立ち帰ることは大切にしていきたいです。やりがいを感じるのは、やはり患者さんに症状が楽になったと言われた時であり、自分の手で人々の健康と自信を取り戻す、自分らしく生きるためのお手伝いをする時だと思います。それだけでなく、地域医療を展開する上で、社会福祉協議会等の行政との関わりが必要になるなど、日常の診療を広い視点でとらえて、地域に発信していきたいです。割に合わないほどの激務をこなしている医師も多いですが、生涯かけて働くのはそれだけの魅力があるからだと思います。