中国四国医師研修センターは、中国四国地方の民医連研修病院群のセンターです。民医連の病院では、地域に根ざし、そのニーズを満たせるようなミッションに基づき、必要とされる医師養成を行なっています。初期研修では、幅広い疾患や問題に対応できる能力を身につけることができます。専門研修では、総合性を専門とした家庭医・総合診療専門医、総合力を基礎とした専門医の養成をおこなっています。
中国四国医師研修センター│レジサポ,民医連,中国,四国,初期研修,専門医,後期研修,奨学金,医学生,マッチング,たすきがけ,プライマリケア,地域医療
message
image
西出庸平

〔研修先〕
鳥取生協病院

〔出身大学〕
大阪市立大学・2016年

どんな医師になりたいと思い、医師をめざしたのですか?

だいたいなんでも診れる医者。

職業選択を具体的に考えたのは高校生の時です。当時の僕は様々な仕事に興味がありました。弁護士や会計士といった文系の仕事の方に興味をそそられたと記憶しています。

ただ、どの仕事も具体的な内容は実際にやってみないと分かりません。高校生の僕は医者はだいたいどんな病気でも診れるものだと思っていました。そして、そんなふうな医者という仕事がしたいと思い、医学部に入りました。しかし実際に医学部で学び、病院で働き出すとそれがどれほど難しいものかわかりました。

今振り返ると、だいたいなんでも診れる医者になりたかったのかなと思います。

 

研修先を選んだ理由を教えてください。 

当院の医師の人柄。

どんな仕事でも職場環境は大切です。研修医でもそれは変わらないと思います。僕は当院の医師・医局が好きです。

 

 

 

実際にどんな研修をされていますか?

標準的な研修。

研修施設は学術的な研修を重視するところ、実地的な研修を重視するところに2分して紹介されることが多いです。しかし実際にはその両方の能力が必要なのだと感じています。当院は後者に分類されると思いますが、学術的な部分が不確かなものにならないようバランスを意識して研修をしています。

また昨年から当院は、全国の研修施設との標準化にも取り組んでいます。全国の研修施設にはどこも必ず特色がありますが、初期研修の内容は標準的であるべきです。2年間の研修のなかで絶対に学習しなければならないこと、出来るようにならないといけないことを明らかにして標準的な研修の構築に努めています。

 

自身の将来ビジョンをどのように描いておられますか?

専門資格は循環器内科にしようと考えています。

ただし前述のように、なんでもだいたい診れるようになりたいという気持ちがあるので、自分のペースで自分が納得できるところまで各科の勉強をしたいと思います。そうやってのんびりしていたら10年経ってしまうかもしれません(笑)。資格に強いこだわりはありません。