中国四国医師研修センターは、中国四国地方の民医連研修病院群のセンターです。民医連の病院では、地域に根ざし、そのニーズを満たせるようなミッションに基づき、必要とされる医師養成を行なっています。初期研修では、幅広い疾患や問題に対応できる能力を身につけることができます。専門研修では、総合性を専門とした家庭医・総合診療専門医、総合力を基礎とした専門医の養成をおこなっています。
中国四国医師研修センター│レジサポ,民医連,中国,四国,初期研修,専門医,後期研修,奨学金,医学生,マッチング,たすきがけ,プライマリケア,地域医療
message
image
富山幸一郎

〔研修先〕
広島共立病院

〔出身大学〕
愛媛大学・2017年卒

どんな医師になりたいと思い、医師をめざしたのですか?

父が医師ということもありますが、小学生の頃に、小指を骨折したときにきれいに治していただいて医師にあこがれました。

願書を出すときに少し悩みましたが患者さんに感謝されるのが素敵でそのような医師になりたいと思い、医師をめざしました。

 

研修先を選んだ理由を教えてください。

人と人の距離が近くていろいろな職種の人に教えていただきたくて中小規模病院がいいと思っていました。広島共立病院は中小規模で雰囲気もよく、指導医の先生もやさしくて、いろいろなことをやらせていただけると感じたため選びました。

 

 

 

 

実際にどんな研修をされていますか?

内科、小児科、麻酔科、外科などいろいろな科を回りながら医師としての基本的な技能を学んでいます。問診・身体診察を行なって鑑別診断をあげてその後の方針を指導医の先生と相談したり、点滴や気管挿管、中心静脈カテーテルなどの手技を身につけたりしています。

また医学的なことのみならず退院先や、退院後ケアの方針なども他の医療職の方々に助けていただきながら考えています。また学会発表も積極的にさせていただいています。 とても充実した研修をおくらせていただいています。

 

自身の将来のビジョンをどのように描いておられますか?

将来何科になるかはまだ決めていません。循環器内科や救急科、外科などがいいなと漠然と考えております。何科になるにしても患者さんが楽になって感謝されるような、医学的なことのみならず患者さん自身のことを考えられるような医師になりたいと思っています。